フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


6/10 北海道1日目 函館 松前 島牧 追記

フェリー船内にて
スタンダードの雑魚寝の部屋は幾つか区分けされていて、部屋は割り当てられてないので自由
自分が入った部屋は111
もう一人いましたが、同じ便に乗船したライダーでした
車種がちょっとわからないけど。
簡単な雑談をする
なんとのこの方、到着したらターミナルで仮眠して、5時から稚内まで一気に走るんだとか
休みが3日しかないから走りまくるそうなのだが、、、函館から稚内まで600キロくらいあるよ??
マジなの?(^_^;)
秋田の方で東北で一番ライダーの多いチームに所属してるらしい
7月だっけ
男鹿半島で東北最大のライダーイベントするので良かったらと言われた。
あとステッカーくれた。
いいなぁ北海道近くて、、、(´Д` 
その後は船内でうろちょろして寝た
2時ごろ函館到着
出発準備

お気をつけて!
フェリーから
ついに!!
ライダーの聖地北海道
じょうりぃいいいいく!!!!
もうヘルメットの中でニヤニヤしてました(笑)
どこいったらいいかわからないので前のライダーについていったら駐輪場へついた
そらそうだよね、仮眠するんだもんね
再度お別れを言って一路函館山へ!
百万ドルの夜景を見に行くよ!
出発!
函館だ
セイコーマートだ!
函館はどこか西洋の雰囲気がある
石畳のメインストリートはヘルシンキに似てる気がした。
路面電車のレールもいい雰囲気!(((o(*゚▽゚*)o)))

外国だな(笑)
函館山へ行く途中赤れんが倉庫発見

なんと美しい景色、、、(´Д` )
惚れ惚れするわ、、、

写真を撮って再度出発
函館山へ
函館山は17~22時までは規制で車は山頂に上がれない
規制前は混雑するらしいけど、案の定この時間帯で平日
誰もいない
バイクで登山開始
すぐ山頂へ
そして現れる百万ドルの夜景

う、う、う、美しい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
夜景ももちろん綺麗なのだが、一番感動したのは北海道の島の形が見えるところ
そして若干丸い
地球の丸みが見える
なんか地球の上に人の営みがあると強く感じる
こらすげえわ、、、百万ドルが今自分の目の前に
ザ•独占
と思ってたら学生ぽいのがきたけど寒い言いながらすぐ帰って行った
見飽きてんのかな、贅沢な!
写真を撮る
30分ほどして、雲がかかってきた
んー、霞む
そして朝焼けが
まだ3時ですぜ??
日の出早いなー!
雲が出てきてあまり写真戻れなくなってきたので下山
出口にバイク、自転車乗り入れ禁止の看板があった(笑)
気づかなかった、、、
次からは下に止めて歩いて上ります
その後は憧れのセイコーマートでナポリタン108円とソフトカツゲン88円を買ってフェリーターミナルへ
食って4時ごろに2階の待合室のキッズコーナーで仮眠。
1時間後、物音で起きる。
見覚えのある人が動いている
さたちゃんさんだ!!!
山形の道の駅で朝にお会いして、函館港で再度お会いしました。
実はさたちゃんさん、このターミナルに3日住んでました(笑)
北海道入りするも雨で動けないのと、ターミナルが電源取れてインターネットスポットでLAN使えるので居心地がいいらしく、3日居座ってたそうな(笑)
話ししてたらぽちさんも起床
お久しぶりです!
その後は7時半まで、テレビ見たりツーリングマップル北海道見たりして時間をすごし、出発

ぽちさんは少し函館滞在するらしい
またどっかで会いそうな気がする。
その時はよろしくお願いします。
お二人とお別れ。
さぁ、出発!
いよいよ函館を出て北海道の大地を走るぞ
まずは慣らし程度に城岱牧場を走る城岱スカイラインへ
函館から30分くらい




牛がいる
景色が美しい
大地が広い
北海道の片鱗を少し見せてくれた!
なかなかいいジャブだな( *`ω´)
しかし東北を回ってきた俺にはこんなもんへでもないぜ
これからの広大な景色に期待
山を降りる
次は松前へ
日本最北の城下町らしい
松前城もある
函館から約100キロ 1時間半くらいか
北海道の尻尾のところ、南端をひたすら走る
途中謎の長いパイプラインが

パイプラインの先には船が停泊してる!
何かと思いパイプラインを目で追いかけるとセメントの工場

セメントてパイプラインで船に運ぶのか、、(=゚ω゚)
いやでっかい
さらに進んで松前到着

花が綺麗に咲いております(^o^)
松前城

んー、ちっこい(笑)
三回建てくらい
このサイズだと100人も入れないんじゃないか?
家臣とかそんなにいなかったのだろうか
見所はそんなに多くなかったので直ぐ出た。
松前城の周辺はお店とか建物は城下町っぽく作られてた。
セイコーマートでカルボナーラくう。108円。安い。うまい。
先へ進む
次はツーリングマップルに熊の湯なるものが載ってたのでいってみる
ひたすら海岸線を走る。
追分ソーランラインというらしい。
北海道の尻尾の付け根あたりまで伸びてる!
長いな(´Д` )300キロ以上あるんじゃないのか??
しかし海岸線、景色が綺麗
絶壁が続く。変な岩がいっぱい切りたってる。
ウミネコもたくさん飛んでる。海岸線が続く!奥尻島もうっすら見える。
真っ直ぐに伸びてる道が見えたりする。
なんて美しい道なんだ、、、、
晴れだったらな!


(ーー;)
雲なんて存在しなければ良いのに
しゃーないけど!
途中道の駅もんじゅでてっくい丼を食す!
てっくいとは!

です!
画質が(´Д` )
画質落とさないと投稿できないので、、、
てっくいとは
ヒラメの事で手を食う⇨手食う⇨手食い⇨てっくいらしい
いざ店に入ろうと思って思い出した
金下ろしてねぇ(´Д` )
金おろすの忘れてて一度町まで走ってまた戻ってきた
近くにローソンあって良かった、、

んまそうだ。
天丼大好き!てか丼もの大好き!!
なかなか肉厚があって白身だからあっさりしてて美味しい( *`ω´)
味噌汁うま(´Д` )
ごちそうさまでした!腹6分目くらいかな
出発
あとは熊の湯までひた走る。
15:30くらい到着!
熊の湯!

真ん中のアレ
熊の湯
脱衣所は男女別れてるけど特にガラス窓とかないので吹きさらし
素っ裸になって下へ降りていく。
滑ると間違えば渓流に真っ逆さまだ!

緑色は苔で入っても滑る
てか湯に苔が浮いてる
なかなかアドベンチャーレベルの高い風呂だ
掛け流しで熱いのでホースで水を中に入れる
良い湯加減に
入ると気持ちいい
山猿の気分だ(^_^*)
大自然を素っ裸で闊歩して堂々と風呂に入れるこの解放感!
いいねぇたまらないね!
変態だわ!
自分と同時に到着した男性がもう一人いたので少し話をしながら入浴
気持ち良さそうな顔して入ってはるわ(・ω・)
よきかなよきかな( ̄ー ̄)
30分ほど入って出る
次へ
ツーリングマップルを見て太田神社へ
海岸線沿いだ!
少し行きすぎたので引き返して17時ごろ到着
この神社、社までの道のりが鬼畜な神社
鳥居の前にこんな看板が

(´Д` )
と、とりあえず階段を上るか!
階段

ロープあるんですけど(笑)
なんすかの階段は(´Д` )
傾斜角かなりキツイ45度以上は裕にある。
70度くらいはあるんじゃないか??
しかも後半でさらに角度キツくなってるし(笑)
とりあえず上る
階段の幅は自分の足より狭い
しかも落ち葉とか砂利とか小石が乗っかってて滑りそうだ
ロープ持たないと危ない
登りきる。
上から下を見る

(´Д` )帰りこええな
そしてすぐ次の試練

クライミングですか(笑)
登りますよ!
3メートルくらい
これは難なく登れた
帰りこええな
すぐ次の試練

ハシゴ
これはまぁ普通
登り切ってから撮影
3メートルくらいの高さ


右は草で見えないけど崖
しかも坂道で濡れた落ち葉とかですべる。

足場が木の根っこになった(´Д` )
この道、人一人がギリギリ通れるくらい
慎重に進む
そして次の試練
撮影するの忘れた。
何だったかな
とりあえず、自分が命の危険を感じて諦めた道です(笑)
ちなみにこの道の最終試練は断崖絶壁に鎖がかかっており、その鎖をよじ登っていくんだとか。
登れずとも、それを見たかったけど、雨上がりで滑って危なそうな道なので諦めました
やー、修行かよ!(笑)
行きでこれなので帰りはもちろん怖かった。
滑ったし(笑)
なかなかのアドベンチャーでした。
何とか下まで降りて出発
途中温泉に浸かって体を温める。
さすが北海道、寒い!
気温は高くて18度ほどだった
海岸線なので風も強いし冷たい
まだまだ4月頭くらいの天候だ!
すげぇなぁ同じ日本なのに全然違う
これでこっちの人にとっては普通なんだもんなぁ
ちなみに朝も早くて、3時半にはもう明るかったりする。
青森とは全然違うなぁ近いのに
不思議
温泉は普通の温泉
温泉博士も使えないところ
ちなみに北海道ではHOという雑誌があるらしく、温泉博士よりタダで入れる多く記載されてるらしい
本屋見つけたら探してみます( *`ω´)
温泉をでて、そのまま道の駅へ
道の駅よってけ!島牧でテント張って飯食って
明日は晴れの予報なのでタオルと靴下洗ってバイクに干して寝ました。
まぁまぁ走った気がするけど、まだ北海道の尻尾の少し上あたりか、、、やっぱでけぇ、、、本州なら一県超えてるよ(笑)
お休みなさい。
続く
走行距離378キロ
スポンサーサイト

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |