フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


6/7 秋田 青森 写真追加

データ通信料がヤバイので写真はWi-Fi環境のあるとこでアップします
おはようございます
道の駅てんのうを7時半くらいに起床、片付けをして8時半出発
まずは名道寒風山パノラマラインを走りにいく
15分ほどで到着
寒風山パノラマライン
途中なまはげ発見

355メートルの寒風山の頂上へ向かう道

はじめは森林だったけど、少し走って道が開ける!と!
草原だった

緑と青ぞらしかない
なんて絶景なんだ!!!
ハイジ出てきそう
駐車場に停めて丘があったので少し登ると見下ろすと男鹿市と海を一望できる
そこに山があるから登る
人の習性だ
丘を登る

なかなか急な坂道だ!
息を切らしながら登っていると、なんか碑が見えてきた
建物が碑の上に見える

まだ登るのか、、、もう少し登る
と、、、
建物の前にライダーたちが
、、、あ、バイクで先に進んだらたどり着くのね、、、
すぐに丘を下る。
売店に味噌キリタンポなるものが売ってたけど構わずバイクに乗って先へ
頂上着
途中の道が素晴らしく綺麗でフォーーとか叫びながら走ってた
頂上


ここ寒風山は世界3景らしい

初めて知ったんだけど、ほんとなのか??
しかし景色は綺麗
だけど下の丘からの方が綺麗かな
頂上ぐるぐるしてお土産屋なんかも見てる

と、
声をかけられた
shinさん
山形ナンバーの方だ
同い年くらいの方で山形から八幡平の方へキャンツーに行ってたらしい
日本一周について、バイクについて話しをする。
しばらく話ししてると他の観光客のひとも話に混じってきたり。
少し話をして別れる。
日本一周に憧れてるひとは多いなやっぱ!

お気をつけて!
寒風山を下る。
登って来た道よりもさらに絶景

道はカーブが少しグイッとある。
勾配は下に急なところが少しあった駒キツくは無い
そして絶景エリアを抜けて、なまはげラインへ
なまはげ大橋?だっけ橋になまはげの彫刻のされた橋、なまはげ会館、その他なまはげの名を冠したお店、施設がいっぱい
なまはげ会館に迷い込んだ

伝統のなまはげの面などを展示してるぽいけど興味無いのでスルー
男鹿半島先端入道崎へ
先ほどのshinさんと再会
半島の先までぐるっと回れるとの情報をいただき、回ることに
入道崎がこれまた絶景だった

草原と灯台と日本海を望むリアス式の岬


天気が良くて最高のロケーション
たまんねぇーー
北緯40度線のモニュメント

ニューヨークとかフィアデルフィアと同じくらいらしい

ニューヨークって寒そうだな
男鹿半島の先の先端までぐるっと回るの
目の前が草原と海と空しか無い
水平線が綺麗に見える

ぁあ、、なんて美しいところなんだここは、、、
座り込んでしばらく眺めたい、、、てか寝っ転がってボケーとしてみたいけどshinさん置いてきちゃったのでくるっと回って戻る
ぁあ、美しい
ニュージーランドかよここは
ヒャッハーー!



戻ってなまはげと写真撮ってたらshinさんが戻ってきた
shinさん[ウニ丼やばかったです( *`ω´)]
ウニ丼、、、確かになんかテレビに紹介されたとか宣伝してる店がある
shinさん[めっちゃ甘かったです]
くっ、い、いくらするんだ??
2200円税別
所持金1200円
、、、撃沈
大人しく目の前の味噌キリタンポと磯ラーメンなるものを食べるか
いや、でも見るだけならタダだしな
見てみよう
shinさんと少し話をしてお別れ
shinさんは山形へ帰って行きました
ありがとうshinさん
秋田で出会ったおだんごさんと3人でツーリングしたいなぁ
北海道ツーリングとかしたいなぁ
夢だな
shinさんを見送ってからお店を覗く
なにやら
UFOも売りに出してる
出たんだとかUFO
そらこんだけ見晴らしがいいとなんか見えるわな! 
店に入る
ウニ丼2200円税別
店員さんが勧めてくる
か、カードつかえめすか!?
おばちゃん[Ok]

やっちまったぜ、、、
人生初のウニ丼
しかしおれウニ苦手なんだよなぁ、、、
からの
くっそうめぇええええええええあええええ
なにこれ!甘!!
築地で食ったウニは苦かったのになんじゃこりゃ!
磯臭さもない!
ウニとタレとご飯がマッチしてめっちゃうまい
ま!じ!か!
2300円するわこれは!うまい!!
ぁー、味噌汁もたくあんもうまい
最高だなこれは
 北海道行ったらこれ以上にうまかったりするのだろうか
あー、楽しみだ
ウニ丼ペロリ
 
みせをでる
なにやらたくさん荷物を積んだスズキのgsxがいる
声を、、、かけ、、、なかった
shinさんにも実は声をかけようと思ったけどかけなかった
おだんごさんも
人見知り発動である
変なところで人見知り発動するからな
次はだれか見かけたら声をかけることにしよう
出る
行き先と逆方向に男鹿半島をはしってみた。南向き
これがまたまた絶景

道と草原とリアス式海岸、水平線、青空
ニヤニヤしながらたまに叫んだりしながら走ってた
少し走って引き返す
男鹿半島から国道7号線を北へ
青森は黄金崎不老不死の湯へ
2時間ほど走る
途中の道はずっと絶景
風力発電のプロペラまで絶景に加わる始末
なんだこの神ロードは
ライダー必見の道だなこれ
ずっと続くから逆に飽きてくるという贅沢
モウオナカイッパイデス
黄金崎不老不死の湯着

海岸に面した露天風呂
鉄分の多い露天風呂


入るには一回内湯で掛け湯をしてから入る
日本海と空が目の前に開けている
ウミネコ飛んでる
海なんか魚泳いでる
カニがいる
圧倒的開放感の中での風呂
気持ちいい!
夏だと日差しが暑いだろうけど今は丁度いい
体が火照ったら冷ますにも丁度いい
最高だこれ
夕日を見ながら入るのがやばいらしいけどそこまでは待てないな、、、
鉄分が多いのか、鉄の味がする
良い風呂でした。
出る
その後は千畳敷までは知り、潮吹き岩というものを見たけど波が弱くて潮吹かず

見たかった潮吹き
潮吹き大好き
千畳敷は他にも鷹の岩とかライオン岩とかあったけどイマイチわからなかった。
亀の手がいた


今日の宿を探しながら道の駅へ走る
道の駅ふかうらにて、
gsr250にのっておっさんが現れた
なにやら東北の道の駅スタンプハラリーをやってるらしい
東北の道の駅多いのによくやるな、、、と思いつつ話をする。
近くにキャンプ場なるものがあるので一緒に行かないかと誘われる。
んー、キャンプ場かぁ
トイレの横で寝てる若い人も気になるしなぁ
明日雨だし屋根のあるとこにテント張りたいしなぁ
様子見て考えます!
と言い、おっさんと電話番号を交換して別れた
んー、近くに雨をしのげそうな屋根のあるとこはなさそうだ。
道の駅のトイレの近くで寝てるひとは感じが悪そうだ
どうするか考えてたらさっきのおっさんから電話が
キャンプ場の情報を聞く
どうするかなぁ
考えたあげく、行くことにする
10分くらいで到着
つがる地球村オートキャンプ場
1200円くらい
キャンプ場を使うのはこれで2度目だ!
おっさんの横にテントを張る
もう一人チャリダーさんがなにやら食事している
おっさん買い出しに行ったのでチャリダーさんと話をする
26歳学院生
論文も書き終えたらしい
神シーズンじゃないか!
北海道まで行って北海道新幹線で東京に戻るらしい北海道出身の人
チャリダーさんと話をしてたらおっさん戻ってきたので3人で飲みスタート!
いただきヤーース!!

昨日買ったあきたこまちの酒を開ける
おれは晩飯用に買った焼肉290円を焼く
チャリダーさんはなんかの日本酒と釣りをして釣れなかったので買った魚
おっさんはコンビニで買ってきた乾き物とビールを頂いた。
ありがとうございます!
そしておっさんの話をメインに聞きつつ、旅の話をする
おっさん、自衛隊員だった!(笑)
昨日仕事終わってから徹夜で青森まで道の駅スタンプラリーに来たのだとか
岩手のスタンプラリーを回った時は一晩で1000キロ走ったとか
自衛隊、、、ハンパねぇ(笑)
チャリダーさんは魚買ってきて自分でさばいてツマミにしてた
いただく。
うまうま。
そして他愛のない話を3時間ほど。
超楽しい
一期一会で偶然居合わせた人とキャンプ場で飲む
旅の話をする
おっさんからは日本一周してる憧れの人と崇められる(笑)
本当に楽しい
貴重な時間
これが何かに繋がるのか、何になるのかはわからないけど胸が熱くなる
旅をしていて、人との出会いって本当に重要な要素だと思う。
綺麗な景色とかを見るのも良いけど、一番胸が熱くなるのはこういった人との出会い。
人って暖かいんだなと実感する瞬間である。
3時間ほど飲み食いして、おっさんは酒が弱いのでようやくビールを一本空けて寝た。
その後はチャリダーさんとキャンプ場の星を眺めながらブランコ(笑)
昨日男鹿半島のキャンプ場に泊まったらしい
その時の星空の写真を見せてもらったけど、半端なかった
天の川がものすごく綺麗に写ってる
男鹿半島、こんなに星が見えるのかと驚いてたら、肉眼ではもっと見えるらしい
マジかよ、、、男鹿半島ハンパないな
北海道での目標に星空を眺めるという項目が加わった。
しばらく話をして片付けしてお開き。
本当に貴重な時間を過ごせた。
他愛のない話しかしてないけど
旅に出てよかったと思える時間だった。
話の内容とかほんと他愛もないから覚えてない。
この時自分が感じてるものをイマイチ言葉に表すのは難しいが、本当に楽しくて良い経験、かけがえのない時間を過ごせていると思う。
寝た。
続く
スポンサーサイト

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |