フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村

6/5秋田

8時半起床
昨夜は、、、爆竹の音がしてた
テントから顔出したら遠慮し始めた
ふむ、、、バイクに何もしなさそうだからいいや
片付けして散歩してるひとと少し話して出発
子安峡大噴湯へ
2時間ほどの道のり
途中コンビニでジャンプ立ち読みと朝飯
ヒソカはどうなってしまうのか、、、
11時半くらいに到着

なかなか変わった渓谷だ

岩が白いのは石灰岩なのか??
温泉地によく見かける


写真じゃわからないけどいたるところで湯気が立ち上ってる!
お湯は暖かい
ぉおおおおおら

フシューー( *`ω´)

フシューーーーー!

フシュっ、、、そことおんの??

通る

暖かい(笑)
この辺は活火山なのか??

いい渓谷でした。
渓谷を上がると稲庭うどんと牛タンが!
牛タンに心を惹かれて食った

肉汁が滴ってうまかった

なんだこのお土産は、、、
出発
30分ほど走る
途中はコケの湿地があった


地熱発電所発見

もうもうとしてまんな!
途中泥湯とかいう秘湯郷があった



湯気もうもうで硫黄くさかった
こんなとこに住んでんのか?従業員のひとは
命懸けだな、、、
進む
川原毛地獄

なんか凄そうなところに出たぞ

目的地は川原毛大湯滝なんだけど、偶然発見したからよる



写真じゃわからないけど一部の箇所が硫黄で黄色になっててそこから煙がもくもくと上がってて立ち入り禁止
なんかすごいとこだなここ

木も黒くなってる
もしかして焼けたのか??

入る


硫黄で変色した石
なんてドラクエなところなんだここは
こんな所が秋田にあったなんて知らなかった
きて良かった。
まだ先があるけど先は休憩所と駐車場になってるから山道を登って戻る
川原毛大湯滝へ
進む
ボーッとしながら走ってて、ふと我に返り現在地を確認
グーグルマップ使わず看板見て走ってたのでよくわからなくなった
川原毛大湯滝
、、、あれ??
来た道を大分戻るぽいぞ?
戻る
泥湯温泉郷を抜けて地熱発電所へ
地熱発電所の裏に道があった
進む
川原毛大湯滝まで3キロ
しかし!!地熱発電所の裏の先の道は、、、砂利道
3キロも砂利道なんて続くまいと、突撃
300メートルほど進んでこれ、ヤバイやつやと気づき、戻る。
砂利道、下り坂
オンロードバイクには過酷!!
しかも3センチくらいの木の板が幾つかせせり立ってる
ひえー
なんとか戻れた
地図で川原毛大湯滝確認
んーーー、んん???
さっきの川原毛まで戻る
案内看板を見る
川原毛大湯滝は、川原毛地獄の先の駐車場の下にあるっぽい
駐車場には車止まってるけど一体どこから入ったんだ??地熱発電所の裏の砂利道を超えて行ったのだろうか、、、
グーグルマップで調べると、、、地熱発電所より更に戻り、大回りすると駐車場に入れるぽい
1時間と表示されている
今14:00
1時間で行って滝見てると1時間半くらいか
次の乳頭温泉は日帰り入浴17:00
下の駐車場まで回ってる時間はない!
再び川原毛下山
駐車場を超えて山道へ入る
途中上がってきた人に滝までの時間を聞くと15分くらいらしい
おけ!いく

進むと川があった

この川、、、なんとお湯だ!!!!!
すげえ、天然のお湯の川なんて初めて見た
掛け流し100%だ!
湯加減ちょうどよい
はいりてぇ、、、
我慢して先へ進む

ほっそいみちだぜてやんでぃ

ドラクエとかこんな道でモンスターに襲われるんだな
見えてきた!

滝だ!!!
ワクワクしながら進む
到着!!


滝壺の水を触ると、、、お湯だ!!!!!
マジか!!!天然の滝の湯だ!!!!
すげえ!
こんな、こんな、温泉に入れたら、、、贅沢極まりない!!!
ちなみに家族が水着着て入ってる
子供が滝に打たれて修行してる
いいなぁああああ水着もってねぇええ
一人ならパンツではいるけどさすがに家族
そうはいかん
滝の湯に手を突っ込むだけにしときました。
入りたかった、、、

来た道を戻る
20分ほど登山

ゼェゼェいいながら戻り、バイクに乗る
しかし家族連れとカップルが多い
日曜日だからか、、、羨ましい、、、
あーーー、彼女と観光かぁいいなあ
一人もいいけど
時刻は15時
乳頭温泉は間に合うか、、、とりあえず圏外なので電波拾うとこまで山を降りる
グーグルマップで調べると乳頭温泉まで、、、2時間
営業時間に間にあわねぇ、、、
んーー、どうするか考えて、泥湯にせっかくだから浸かって行くことにする
泥湯を通り越えて下山してきたので再び戻る
泥湯温泉郷
ここ通るの今日三回目(笑)

泥湯温泉天狗の湯

この建物は内湯と外湯
反対側の露店風呂

まず内湯
入ると、、木でできた建物に木の浴槽
湯温も適温
最高だなこれ
お湯は泥湯の名前の通り泥っぽい色
しかしドロドロではない
気持ちいい
外湯はこれまた白いお湯
掛け流しの硫黄の強いお湯
こちらも適温で気持ちが良い
もう一つお湯があった。
おっさんの話を聞いてたら、どうやら混浴らしい
知らなんだ。
まぁいい入る
こちらも気持ちが良い
そして山の景色も堪能できる。
んん~、風呂って最高
頭とか洗って反対側の建物の露店風呂へ
扉開けたら

なんとまぉ趣のある
風呂は藤七温泉を綺麗にしたような風呂だった
そして広い
浴槽に浸かる前に先に入ったおっちゃんがなんか言ってるけど鈍ってて聞き取れない
まぁいいや、入る、、、と
地面が、、、砂利(笑)
小石がゴロゴロしてはる(笑)
お湯は少し熱い
しかし天井もない露店風呂
超気持ちがいい
先にいたおっちゃんの話を聞く
色々と旅行に行ってきた温泉と山好きのおっちゃんだ
青森の酸ヶ湯をオススメされた。
是非行ってみたいのでルートに入れよう
おっちゃんは秘湯の会とかいうのに入ってるらしい
それでここにも千葉から入りに来たとか
色々と話を聞いてたらすっかりのぼせてしまった
長野の山田湯もオススメされた
行くことにしよう。
風呂を出る
温泉卵買おうか悩んだけどやめた
温泉卵って黒いのかな
前食ったやつも黒かった
水飲み場があったので飲む
めちゃめちゃうまい!
ちょうどお茶のペットボトルが空になったから入れていこうかと思ったけど他の子としてたら忘れてしまった。
その後は夕日を見ながら下山

山形も秋田も他の件もそうだが、景色が似てるようでなんか走ってて違うんだよなぁ
雰囲気?風土のせい??よくわからんけど何かが違う
同じように思えてもよく見ると違ってる
なんでも小さな発見をすれば飽きずに続けれるのかも?
とりあえず旅は面白い
稲庭城を見かけた
あんな山の上にあるんだな

そのあとはなんか朝市通りみたいなのを走って道の駅十文字へ
従業員の人がいたのでテント張っていいか聞いたら、店の裏の目立たないところで許可をくれた。
カワサキのバイク乗りらしい
あざます!!
晩飯に百均のパスタとパスタソースを食う
うん、まずい
百均のカルボナーラは無しだな
木のチップで出来た歩道の上にテント張ってるけど、柔らかくていいなここ
行き止まりだから人こないし
てっかさんがそういえば河川敷でテント張った次の日、久しぶりに平らな地面で寝た。幸せと言っていた。
次元が違うな
バンドしてた頃の友人から結婚報告をもらいました。
なんとおめでたい!!!結婚式には是非参加する!
、、、反面おれはこんなフラフラしてていいのだろうかと自問自答する
しっかりしなければ!
しかし今を楽しむ
それが一番だ
世間体?将来?
そんなもん後からでもどーとでもなる!
梅酒飲んだ。
寝る
続く
スポンサーサイト

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。