フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村

5/31 福島 山形

おはようございます!
午前7時起床
りょすけさんの携帯アラームで起きました。
りょすけさんは起きないらしく、アラームがずっと鳴ってる(笑)
起こすべきだろうか、、、うーん、疲れてるだろうし道の駅の従業員もまだ来ないしいいか
自分のテントだけ片づけて観光地を調べよう。

今日はりょすけさんが会津若松を観光するらしい。
自分もまだ会津若松を回ってなかったので、一緒に回ることにする。
9時半くらいに道の駅を出て、まずは鶴ヶ城へ!
この旅始まって初めて誰かとのツーリング!
そもそも他の人と一緒に走ったことが両手で数えるくらいしかないので、緊張する(笑)
自分が前を走ることに。
自分の走りを見られるのか、、、まぁいいや、マイペースに走ろう。
まぁ、10キロちょいをただの街中を走るだけなんですがね(笑)
10時頃到着
会津若松は鶴ヶ城

戦国から戊辰戦争まで活躍した城
とくに戊辰戦争の舞台となった城でかの有名な白虎隊の悲劇の舞台となった城
新政府軍からの攻撃を一ヶ月籠城して、最後まで堕ちなかったんだとか。
えぇ、、、全く知りませんでした(笑)
会津若松は地名をよく聞くなぁと思ってたけど、こんな日本の大きな時代の変革期の舞台となった土地だったとは、、、
大河ドラマ八重の桜の舞台でもある。
城の中はというと、まず入ると塩庫がある。
石造りの塀は涼しいので保管に利用してたんだとか。
当時の保管の様子を伺うことができる。
2階から4階は鶴ヶ城の歴史の紹介、城主、白虎隊、婦女子、戊辰戦争についての資料などが展示されている。
一通り見て回る。
白虎隊
白虎隊とは16.17歳の武家の少年達によって結成された部隊
戊辰戦争では飯盛山から煙の上がる鶴ヶ城をみて、城が落城したと確信し、自決したんだとか。
16.17歳で自決て、、、
うーーむ、一体どんな精神状況だったのか想像だにつかない
小さい頃からきっと自決の教育もされてたんだろうから彼らにとっては当然のことだったんだと思うが、、、それにしてもなぁ
相当な精神力ないと自決なんでできないよなぁ、
それともそれほどの絶望感があったのか、、
ちょっと想像つかないなぁ
どんな風に自決したんだろう。
腹に刺したならなかなか死なないから苦しんだはず。
切腹は腹刺した後、なかなか死ねなくて苦しいから首を刎ねられだと聞いたことがある。
壮絶だ
白虎隊の隊員の肖像画と簡単な紹介などもあった。
ちなみに白虎隊の他に玄武隊、朱雀隊、青龍隊とあり、年齢ごとに分けられ、さらに隊の中で位があるんだとか
白虎隊は一番年上の隊で中でも士中隊が一番上なんだって
ほぇー、エリートですな
とまぁ一通り鶴ヶ城を見学する。
他にもお偉いさん達が書かれていたけど、自分の脳みそはそんなに覚えきれません。
江戸の時代から大政奉還し、天皇中心の政府へと政治主体が移り変わる激動の時代
他にも新撰組とか坂本龍馬とか色々な志士が、この時代のうねりの中で躍動してたんだろうなぉ
ロマン
鶴ヶ城最上階

向かいに見えるのが飯盛山
そ!う!ぜ!つ!!
あ、鶴ヶ城は明治初期に解体されたんだって
あれまぁ、、、
鶴ヶ城を出る。
鶴ヶ城の庭に茶室があり、鶴ヶ城の券があればはいれるのではいる。


茶室の入り口は二枚目の写真の左の小さい扉
なんでこんなに小さいんだ????
理由を書いてて読んだけど一瞬で忘れた。
気になる人はwikiへ
ちなみにこの茶室は千利休の子の小庵が建てたと言われているらしい。
ていうか茶室の解説を読んでて、茶道ってかなりの力を持ってたんだと知った。
お茶、あなどれませぬ、、、
600円で抹茶と和菓子を食べれます。

素朴な味がして美味しい
抹茶久しぶりに飲んだなぁ
ほろ苦い青春の味
これが小庵の茶道の奥義か
100パー違うな
城には会津の豚コロッケも売ってたので食う。
んまい。
あとおじいさんが黒門の横にハートの石があると教えてくれたので行ってみる。
少し探したらあった

なかなかに強引
鶴ヶ城、面白かった!
歴史の勉強になりました。
日本一周して各地の神社仏閣城巡ってるけど、知識がないからほとんど景観とか建築物を見て楽しんでるけど、知識があればクソ面白いんだろうなぁと最近思う。

 会津武家屋敷

西郷頼母の屋敷だったかな
お客さんを迎えるフロア、生活をするフロア、仕事をするフロアと別れている。


玄関
広い!そして縁側がある!
木でできた家って夏は涼しくて冬は暖かいよなぁ
こんな家に住めたら快適だろうな
縁側あるし
厠とか台所、風呂なども見れる。
雪隠があった雪隠
女中ってあんな狭い部屋に10人くらいで生活してたのね、、、当時の人は小さかったのかな??
守護の武士が控える部屋、長男の部屋、次男三男の部屋、家主の部屋など一通り見ることができ、簡単な解説もある。
資料館もある
この資料館では全国の紋マップなるものがあった
徳島の紋はなんだと見てみると、なんと卍
これ徳島の紋だったのか、、、そういや家の近くの井戸寺にも卍模様あったようななかったような
あとなんか徳島ゆかりのものが出てきたけど忘れた。
この武家屋敷で印象的だったのが、会津若松が落ちるときに西郷頼母の妻、娘達の自決シーンが再現されてた。
そんなエグい感じではないけど。
長女、次女は自決
三女、乳飲子の四女だったかは母が命を絶ち、最後に自分も命を絶つ
そ!う!ぜ!つ!!
どころじゃないだろ
女性が自決などあってはならぬ、、、しかし敵に落ちて辱めを受けるくらいなら自ら命を絶てらしい。
うーむ、、、
しかし母が娘を刺すってどんな心境なのだろうか
俺は男だ
たとえ子供ができようとも母の母性には父性など到底かなわないだろう
ちょっと想像つきませぬ。
結論
会津若松は常軌を逸している
当時の人々の志、精神力に比べたら自分なんてどんなもんだろうか。
いや、やめておこう。ゴキブリに食われる豆腐の食べ残し程度のものだろとか思うのは。
色々と考えさせられる、そして重要な歴史の節目を垣間見れたいい時間でした。
武家屋敷を脱出してパシャり。

Ninjaで武家屋敷
全く忍んでないけどな!!!
そのあとはりょすけさんが五色沼へ行くとの事
自分も西吾妻スカイバレーを通り、山形へ抜ける。
五色沼の横を通るのでそれまでツーリング
途中、磐梯ゴールドラインを通る。
急なカーブが幾つかある
勾配はまぁまぁ
そして景色は綺麗である。
ちなみにりょすけさんはエストレア250cc単気筒エンジン
、、、置いていかれました。
りょすけさんは前を走ってたドゥカティと共に駆け上がっていく。
速えなぁ
ほんとwライダーテク磨かねば(笑)
まぁね!こっち2気筒、あっち単気筒だからね!
始動力、低速から中速辺りまでの加速力は単気筒の方が上だからね!
オマケにニンジャ重いし!
車体220キロあるんだぜ
1000ccと同じなんだぜ400なのに!
タイヤも溝が減ってるから気にしながら曲がらないといけないし!
しゃあないわな!!!
景色が綺麗であった。

その後は五色沼にてお別れ
北の大地でまた再会を約束しりょすけさんは五色沼へ、自分は出光へと走って行った。
名道 西吾妻スカイバレー突撃

道はいい感じにうねっている。
いろは坂に比べたらマシだけど

カーブをバイクを傾けながら一気に駆け上がる
燃費なんて知るか
スリップなんて知るか。
今更コケようがもはや怖いもんなしや
嘘です。無理しない範囲で傾けて走りました。


分かりにくいけど遠くの山にまだ積雪が残ってる。
蔵王かな?蔵王は残ってたけど、他に積雪の山なんて走ってて見かけたっけな。
まぁいいや 美しい
頂上に着いたけど走るのが楽しかったので止まらず、一気に降りた。
ギアを3に入れてエンブレを使い一気に下る。
後輪ブレーキをメインに踏み、スリップに気をつけながら。
キツイカーブでは前輪ブレーキも
最近ninjaの乗り心地が少し変わってきた感じがする
なんか前よりフィットするようになった感じかな
もっとうまく走ってやりたいz
西吾妻スカイバレー走破!
下った先は山形県は米沢市!
山形初上陸!
山形はどんな風景を見せてくれるのか。
山間を走ってると上杉神社の看板発見
こんなすぐ近くにあったのか。
観光地として寄りたかったけど、場所は調べてなかった。
ラッキー
寄る
平和の碑があった
戦争はもう起こしちゃダメ

上杉神社は上杉謙信を祀る神社
上杉景勝、直江兼続の所縁の地でもある。



木が古びたのか、漆が剥げてきたのかわからないが全体的に木に黒塗りをし、塗料が剥げたような色合いをしている。
シックである。
神社自体はシンプルで素朴ながら完成された感がある
なかなか良いところだ!
社の前にある日本庭園が綺麗だった。
 
上杉謙信の詩の碑もある

学問が好きだったらしい上杉謙信
詩を読んで見る限り、頭良いな
文系だな
技術を進歩させるのは理系だが世の中を動かすのは文系なのだ!
うむ!

有名なアレ
仕事、成そうとしてならなかったんですが、それは自分のなさぬなりけりだったんだな!
はい!あざっした!
次!
目的地を調べる。
トトロの木が近くにあるので向かう!
30分くらい
トトロの木

トトロだ!!!
と、うかれてたら

ここ、天保の大飢饉のあった場所やったんや、、、
そしてトトロの木は、天保の大飢饉の際に豊穣などを願って建てられた祠の木が大きく育ち、トトロのような形になったんだとか。
なんとまあ、ドラマチック
さすがトトロ
逆さトトロ

トトロ最高 ヒャッハー抱きつきてぇ!


左の木がトトロの体

また、思わぬ歴史の一面を知ってしまった。
考えさせられる1日である
その後は温泉へ
なにやら近くに小野小町の露天風呂があるらしい
いく。
トトロの木をでて対向車線のない田舎の一本道をキープレフトで走ってた。
なんとなく少し道路の真ん中に寄ろうとすると、、、
後ろから思いっきりブーーと警笛を鳴らされて左に寄ったらでっかい工事用トラックが抜いていった
マジでビビった
なんてとこで追い抜きしてんねん
しかもそんなでっかいトラックで
そんなに遅いスピードでもないのに
こんなとこで時速55キロで追い抜きされるなんて思ってもみなかった
ビビってこけたらこっちはトラックの下敷きやぞ、、、
腹が立ったので後ろからブーブー鳴らしてやりました
温泉着
安定の閉店

料金箱盗難とかなんて馬鹿げたことしてくれたんだクソ野郎
トトロに生気吸われてしまえ
ちなみにこんな辺鄙なところの温泉


6月下旬からホタルが出るらしい

仕方ないので来るときにあった道のど真ん中にある大衆浴場へ

さすが男湯、横は道路なのにフルオープン
もちろん閉めない


男の文字の向こうは丸見えだぜ


風呂はシャワーはなし
桶でシャンプー流した
石鹸など備え付けなし
200えん
お湯は、白い温泉の素的なのがプカプカういてる
あとたまに毛とか
大衆浴場なのでじいさんとかいる
出るときシャワー浴びれないので風呂の湯を流せない
潔癖の人は入れないな
おれは清潔感はある程度諦めてるのでおk
その後はヨークベニマルでメシ買って本屋行ってやっと温泉博士見つけて、夜から明日は雨なので一級河川最上川の橋の下にテントを張って野宿
飯うまい

てか気づいたけど今日初めてのまともな飯だった。
いかのいそべあげうます!
最近テントの中が落ち着く
明日はどうしようかな
バイクのタイヤ、オイル交換したい
まだ半分も来てないけどもう5300キロくらいはしってる。
1日200走ってればそんなもんか
ありがとうninja
スクリーンにこびり付いた虫達はそのうち洗ってあげるね
雷鳴ってきた
また明日!
スポンサーサイト

にほんブログ村

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。