フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


5/28 福島 茨城

おはらっきー
8時前くらいにテントを出ると、道の駅の人にごめんなさい、商品出しますね~言われたから早々にテント撤収
失礼しやした。
てかもっと早く起きて出発するべきなんだけどね
8時半くらいに出発
裏磐梯から喜多方へ降りる。
喜多方といえば朝ラーメン!!
てことであべ食堂へ

んん~、あっさりしてる醤油あじ
チャーシューもうまい。
けど、何かに似ている
お蕎麦だ!
お蕎麦に近いあじがした。
美味しいです。
麺は少し縮れてた。
んー、徳島ラーメンとは対極に位置するラーメンだな!
んまかった
9時半くらいだったかな、出る。
ここから一路袋田の滝へ2時間ほど走る。
ずっと気になってたのだが、携帯のバッテリーの調子が悪い。
地図とgpsロガーと音楽を起動してても、iPhone5sなら充電されていくが、6sはバッテリーが減っていったり増えたりで安定しなかった。
どうやらバックグラウンドでブログアプリを起動して、且つディスプレイの照明度が明るいと減ってくらしい。
んー、5sなら気にしなくてよかったんだがなぁ。
ディスプレイでかいし仕方ないか。
13時くらいに袋田の滝へ到着
日本三大名瀑の一つ。
駐車場に停めたら、蕎麦屋だったらしく何か買わないといけないらしい。
周りはそういう駐車場しか見当たらないんだが、、、
ズルくないか
袋田の滝へ!
入場券を払って入るとトンネルがある
奥へ行くと第一観覧台へ

滝が三段
うーん、この、
うーーん、チョロチョロ感(笑)
雨の日の次の日とかはザーザー流れてるぽい
写真がある。
季節によって見栄えが変わるらしい。
しかしそれは他の滝も同じだ。
エレベーターを上がって第二観覧台へ

うーーむ、
び!みょ!う!
秋保の滝の方が迫力もあって美しいな
うーーん、この滝は微妙ですな、日本三大名瀑の名に値しないとおれは決めつけた。
良さがわからないだけかもしれないが、名前に自分の意見を左右されないぞおれは
ここは微妙!!

TOAのスピーカーだ!
いつも思うけどこういうとこのAV設備はどこが施行してるのだろうか
町の電気屋かの
駐車場の前の店でかき揚げ蕎麦と鮎の塩焼きをくう

うむ、まぁまぁうまいけど、暑いからザルにしたらよかった。
関東の蕎麦はしょうゆ味で味が濃い。うどんも然り
しかし、関西で蕎麦をほとんど食ったことがないなそういえば。
今度食ってみよう。
鮎の塩焼きは、うーん、そもそも魚がそんなに好きではなくて、食べれるようになったのが最近の自分
頭からかじれると言われたけど、勇気が出なかった
橋で白身のとこだけつまんで食う。
腹の黒いとことかはあんま食えないなぁ、
てかわた残ってね?これ
まぁでもうまかった
しかしどこのあるなんだろこれ
前の沢では取れそうにない気がするけどまぁいいや
はい、袋田の滝、自分の中では微妙でした!!
次!
近くにある龍神大吊橋へ
バンジージャンプで有名なとこ。
30分ほどで到着


地上から100メートルだそうな。
渡るのには300円だったかな
橋の地面はコンクリートぽくて、あまりスリルなさそうだったので渡らなかった。
肝心のバンジージャンプ
お値段15000円
たっっか!!!マジか
二回目から7000円
それでもたっか!
飛び降りるだけじゃないのか。他に何かあるのか??なければこれは高すぎるだろ
3000円くらいかと思ってた
しかし所持金1500円だけど
他の人が飛び降りる様にも特に興味はないのででた。
次!
1時間半ほど走って、水戸は日本三大庭園で有名な偕楽園へ

木がいっぱい茂ってる。
竹林とかある。
江戸時代からある庭園
当時のままの姿なのだろうか
竹林は弓を作るために京都から持ってきたんだって
庭園を見学する。
ちなみにこの偕楽園は、都市公園としてはニューヨークのセントラルパークに次ぐ世界第二位の広さなんだとか。
そんな広いのか
梅の木には梅がなってる!
勿論撮るのは禁止

一通り歩いて好文亭へ
ここは入場料200えん

偕楽園が見渡せる部屋もある。
昔大正天皇が皇太子の頃にここで泊まったり藩主と夫人が止まってたんだそうな。

菊とかさくらとか色々な襖絵がある。
高野山のときも立派な襖絵が寺に描かれていた。
襖絵なんて実家の家では全く気にせずぶすぶす穴開けてたけど、こうしてみると綺麗だ。
部屋を囲むように描かれていて、壁がみたい。
ここで茶を飲んだり寝たり色々するんだろうな
趣がある 風流だ!


カマド
ここは飯食うところぽい。
奥の襖の中には昇降機があって、一回から食事を上げることができ、急な階段を登らなくて済む。
井戸の汲み上げと同じような滑車がついてた。
しかし畳の部屋とか木の床板のにおいとか、見たりすると落ち着くのはなんでだ
昔の実家を思い出すのだろうか。
寝転がりたい衝動にかられる。
壁も土壁
ばあちゃんちが土壁だが、ほんと夏は涼しく冬は暖かいんだよなぁ
今の家もそうすればいいのに

屋根の瓦が不思議な形をしている!
見たことないけどどんな構造なんだろう
と思ってたらサンプルがあった

木の板を組み合わせて間に銅板を入れてるぽい。
なるほどなぁ 
瓦よりこっちの方が好きかもしれない。
木の温かみがある。
家を建てるならこれだな!
その後は17時を回ってもう閉めるよ言われたので出た。
てかもう閉まってたので左の小さい門からでる。

偕楽園、なかなか楽しかった。
もう少し涼しい日に来ると散歩に最高だね。
偕楽園の横に湖があって、水戸黄門像があるらしいのだけど、水戸黄門に興味がないし行くのが面倒だったのでやめた。
出る。
その後、水戸で温泉へ
水戸の極楽湯
漫画読み放題、休憩所あり一時まで営業
なんて魅力的なところなんだ、、、
漫画は読まずに我慢。
読み出したら道の駅に行く時間が遅くなってしまう、、、
雨の日の避難場所には最適だね
極楽湯の休憩所でブログを書く。
道の駅へ
道の駅かつらに到着!
!?!?
なんか、めっちゃキャンプしてる人がいる!!!

とりあえずタダでテント立てていいのか聞いてみる
オッケーだそうな。
テントを立ててたら、聞いた人が声をかけてくる。
旅の話に。
そして北海道でお勧めスポットを教えてもらう。
カムチャッカの湯というのが知床半島の先っちょにあるらしい。
知床の川を遡っていくと、だんだんと水が暖かくなってくるのだそう
そして直径10メートルほどの円形の温泉に到達するんだとか。
さらに温泉は目の前に滝があって、お湯が流れて温泉になっているんだとか。
なんだよこれ
絶対行ってみたい。いけるのかな歩いて。
うーむ、知床で情報収集が必要だな。
北海道は今の所、
開陽台とカムチャッカの湯とあとなんとか岬てとこに行って欲しいと会社の同僚から言われ出るので行く。
なんだったか、、、
納沙布ではなく宗谷でもなく、、そのうち思い出すだろう。
途中によったスーパーで買った晩飯を食ってブログ書いて散歩して寝た。
橋が綺麗でした。

神戸大橋には負けるけど。
シーユーネクストタイム
スポンサーサイト

にほんブログ村

5/29 茨城 栃木 群馬 栃木 

にゃんぱすー
道の駅で8時過ぎに起床
テント立ってたしあんまり早く起きなくても良さそうなとこだったのでゆっくり起きた。
テントを出ると昨日キャンプしてた人らが全員車にカヌーを積んではる
どうやら目の前の川はカヌーのメッカらしい
上流から下ってきて、ここでキャンプしてもっかい今日上流へ行くんだとか。
なるほどなぁ
しかし車でカヌーを上に持って行って下ってくるてことは車はどうするんだろう
誰がが運転してんのかな
栃木に行くって言ったら華厳の滝もいいけど竜頭の滝を見るべしと言われた。
おけ。
9時くらいに出発
1時間半ほどはしって宇都宮へ到着
駅前にバイクを止めていざ、駅ビルへ
イエス、宇都宮ギョウザ!!
駅ビルの中にある青源へ
ねぎ味噌餃子を頼む
くる。

うんまーーー
そんなパリパリはしてなかったけどにんにく効いててねぎ味噌と相性抜群!
ギョウザと味噌ってあうのね
ラー油はつけたけどない方が美味しい。
なかなか満足
時刻は11時を過ぎた。
よし、いざドンキへ向かう
ドンキの地下には、宇都宮ギョウザの店が一同に揃うギョウザ村的なものがある
11時開店
行くと、行列が、、、
ギョウザ村入るのを諦める
横には来らっせという、日替わりで宇都宮ギョウザ2店舗のギョウザを出す店があるのでそっちへ。
メニューを見ると2店舗じゃなく色々な店の餃子があるんだが
まぁいいか
A-E皿まであり、それぞれに別々の店の餃子が6個入っている。
E皿を頼む。
あと 紅一点の餃子を頼む
きた。

んまほうだ、、、


左の色が違うやつがE皿
紅一点から食う。
んまい
パリパリしてる
それ以外は味は忘れた
うまい餃子だった
E皿へ
餃子一つ一つをそのまま、餃子タレにつけてそれぞれ食う。
成る程、んまい
そしてそれぞれの店舗での味の違いごよくわかる。
餡によってかなり味が違ってくる。
みんみんて店は一番人気店らしいのだが、餡があっさりしてていくらでも食べられそうだ。
一番右のはお茶が混ざってるのかわからないがそんな味がする。
他の餃子もジューシーだったりあっさりしてたりにんにく、生姜の味が強かったり様々だ。
成る程、普段食ってる分には味の違いなど分からないがこうして食うとよく分かる
んまい
餃子3皿食べて1000円ちょい
ちなみにみんみんて店は一人前230円だそう
安いなぉ
さすが宇都宮
満足
そのあと、温泉博士を探しに本屋に行ったけどなかった。
本屋を見つけたら寄っては探してるけどなかなかない
んー、早く欲しいなぁ
出る
次は日光へ!!
1時間ほど走る。
途中間違えて高速乗ってしまったので、
低速ギアでスロットル開けてエンジンの回転数を上げてみる。
6000回転くらいまでしかあげたことがないのだ。
それでも100キロはいってたんだけど、
ギア3でスロットルを開ける
エンジンの回転数は一気に9500ほどへ
90キロから一気に1××キロまで5秒ほどで到達
ぉお、、すげえ加速だ
400でこれなら1000とか一体どんな加速の世界なんだ
H2は2秒で0から100キロ行くらしいじゃないか
大型買っても扱いきれる自信がねえ
ていうか性能を活かす道がねえ
そんなこんなで日光到達
途中セイコーマートあったけどよらない
北海道まで我慢
まず向かったのは東照宮はスルーして中禅寺湖へ
行くまでにいろは坂という道を通る
ここは二車線の道路だが一通
なので対向車が来る心配はないので安心して攻めることができる
まぁ、攻めれないしタイヤも心配なので攻めない
とりあえず傾けれるだけ傾けて走る。
カーブを曲がりながら乗用車を抜いてみる。
うむ、爽快
到着

写真を適当にとって、進む
栃木は名道が四つある
そのうちの一つ中禅寺湖スカイラインへ
突入
カーブはまぁまぁ
道は綺麗
景色は普通の山道
勾配は緩くもなくキつくもなく
んー、平均的な道だ
特に止まって景観を楽しむとこもなかったので頂上まで一気にいく

ちなみにあの山は男体山
綺麗な形してるよ
少し休憩してきた道を戻る
ハチが指に止まったよ

次は金精道路へ
男体山を横に走る道
並木道だったり、湖の横を走ったりと景色が綺麗な道
カーブとか勾配はキツくない
景色を楽しむ道だ。
特に止まるところがなかったので駆け抜ける。
トンネルを抜けると群馬に入ったので引き返す。
道中にあった竜頭の滝へ向かう。
到着
竜頭の滝
駐車場近くの橋の上から 

うむむ、綺麗だがオススメするほどなのだろうか
滝が鱗のように見えて長いから竜なんだろうか
うーむ、先へ進む
と、

すげぇええええええ!!!
おわかりいただけるだろうか
竜岩がの頭に見える!!!
しかも手前のやつと二匹いるよ!
これはすごい
ここまで竜の頭にそっくりだとは!
乗ったら日本昔話のオープニングできるやん!
感動
オススメするわけですわ、、、
これはいい。
もう少し行くとお茶屋があり、滝がある

団子食いながら眺めれる感じ
団子は食わないけど
次!
中禅寺湖へ戻る
近くには日本三大名瀑の華厳の滝がある
いく。
切符買ってエレベーターへ
100m下に降りていく。
そして現れたのが、それはもう立派な立派な滝でした

この滝、迫力がハンパない
観覧台から滝まで結構離れてるのにかなりの迫力がある。
水しぶきもここまで飛んでくる
円形の岩肌から水がドバーっと落ちまくってる
落差もかなりある。
これは名瀑ですわ、、、

これは見に来て良かった。
素晴らしい
残り一つの名瀑は和歌山県の那智の滝
2年ほど前に行ったのでこれにて日本三大名瀑達成
ちなみに華厳の滝の反対側にももう一つ滝がある
名前忘れたけどこの滝が面白い

アップ

おわかりいただけるだろうか
岩をくり抜いてトンネルみたいになってて、そこを水が通って噴き出してる
一体どうやったらこんな風になるんだ?

不思議である
滝を出て湯葉コロッケと餃子コロッケを食う
うん、うまい
湯葉コロッケは甘かった
餃子コロッケは想像通り


この時の時刻は16:30
いまから日光東照宮は間に合わないので名道の霧降高原道路へ
霧降高原道路は普通でした。
カーブもそこそこ、勾配もそこそこ
景色もまぁ普通かな
走ってたら道路脇に車が警察に捕まってた
その車が前に出る
うーむ、走りからジンジンと伝わってくる
テンションが下がってるなこの人
走りがゆっくりだ(笑)
その車の後ろを走り、頂上へ
景色もそこまで絶景というわけではなかった
日光仮面がいた



こんな普通な道が名道なのか??と思って調べると、どうやら牧場を通る道らしい
もう少し先に進んでみるとでた

芝生の広がる牧草地を通る
なるほど、これはなかなかいい
カーブも緩やかなので牧場の風景を楽しみながらゆったり走れる

牛はいなかったけど羊がいた

モコモコしてて可愛い
触ってみるとフカフカだ
しかし皮膚は意外と硬い
実際に毛を纏ってる羊を見るのは初めてかもしれない
丸々してて可愛い
この毛が服などになるのか
人間に都合のいい生き物だ

子羊がはしゃいでた
可愛いのぅ可愛いよぅ
羊を堪能して道を下っていく
途中後ろからオフ車が走ってた
そのまま町まで降りる
プチマスツーだな
たまにこういうのに出くわすのだけど、不思議と仲間意識が芽生えるんだ
荷物後ろに乗せてるライダーとか見かけても同じ感情を覚える
ライダー同士の繋がりってやつか
走ってたらオフ車は右折していった
お気を付けて。
その後は道の駅を見つけるも警察署が前にあるし広くて人も多い
セブイレもあるし、ここにテント張ると怒られそうだからやめる
明日の朝は雨だしなぁと思っていたらマップに川を発見
川があるってことは橋もある
行ってみると案の定河川敷があって橋の下にテントを張れそうだ!
しかも芝生!
いいところを見つけた!
これで雨もしのげる

人もあまり来ないしいいね、橋の下
おすすめだ
寝た。
続く
にほんブログ村

5/30 栃木 福島

ブログやっと追いついた!
雨音で目覚める
7時半
二度寝
10時半
雨音がする
三度寝
12時前起床
雨が上がっている!
片付けて出発!
日光東照宮へ!
参道が広い!!

入場券を払う
1300円
ちょい高いかなぁと思ったけど世界遺産だし維持費がバカにならないんだろうなぁ
2000円出してお釣りを受け取る
と、お釣りを落としてしまった!
200円は見つかったけど500円玉が見つからない!
券売所の前でモタモタするのもみっともないので諦めた
入場券1800円
くぅ
入る。
まず五重塔があった

すげぇ、、
作りが入り組んでて複雑!
色も青色が映えてて豪華で派手
今まで平安時代とかの建物は朱色とか漆とかなにも塗られてなかったりしてたので、時代と技術の進歩を感じる
奥へ進むと進むとあった
有名な猿

見猿聞か猿言わ猿
この建物には猿の人生が描かれており、見猿聞か猿言わ猿はその一部
幼い子供は純粋だから悪いことを聞いたり見たり言ったりしないようにとの意味なんだとか。
猿の人生は母ザルが子供を見ているところから始まり、青年になって苦悩を知り、結婚に悩み、夫婦で協力してまた最初に戻るのだとか。
正しく我慢して頑張って協力し合って生きていきましょう。
教訓ですな!!!

中に入って驚いたのだけど、朱色に金ぴかで、更に青色で装飾された建物がいくつもある。
灯篭もいくつも。
こらすごい
天下統一を果たした徳川の栄華を体感できる
これかなり金かかってますぜ




因みに修理中

門の上部には細かな白い仏像が何台もある。
孔雀や鳥の装飾も細かく鮮やか
瓦には金ぴかの竜がのってる
いや、ほんとすごいっす
有名な眠猫を発見


日向で眠る猫 日光浴しながら眠る猫 日光
これが奥義なんだって
眠るのが奥義 無職を肯定してるのか、なるほどな
素晴らしい
眠り猫が装飾されてる門を抜けると徳川家康の墓ぽいのがあった
墓地は高野山にも確かあった
んん?いくつもあんのか?よくわからんが
208段の階段を上る

鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギスってか

お茶タッカー

お堂があった。
よこのツアーの解説を聞くと、どうやらこのお堂は将軍しか登壇できないらしい。
自称将軍とかでもダメなんだろな

裏には墓的なものがあった

ふぅ、いやぁよかった東照宮
と思ってたら、まだ奥があった
まだあんのかよ!と思ったけど本番はここからだった

でっかい本殿
装飾もすんばらしく絢爛豪華
いや、ほんとどんだけ金つかってんだよ、、、
中に入れる

下駄箱付近
ここから先は撮影禁止
中に入ると神主様が解説をしてくれる。
中には樹齢何百年かは忘れたけど、うん百年の1枚木で作られた壁板がある
ツルが描かれていた
柱も金ぴか
そして壁には麒麟が描かれている
麒麟は綺麗な水と空気を吸っていきているんだって
だからビールメーカーの麒麟はキリンなのだとか。
ちなみに銘柄の絵は有名なひとが麒麟を想像で描いたんだって
なるほどなぁ
よく考えてるな社名
神主様がお祓いもしてくれた。
これでツキも回ってくるだろう
ちなみに今年東照宮は400周年なんだとか。
徳川家康の御位牌も別の場所で公開してるんだと
ふむ、見かけたら行こう
社殿を出る
境内を出るとお神輿が3台かざられてある。

真ん中が家康、左が頼朝で右が秀吉
左右逆だったかな
いちいちメモらないからしっかりとは覚えてないけど
過去の武将を崇めるその姿勢 寛容な懐
将軍ですな!!
一通り見たので門を出る
門は修理中
門のの浮彫は250年ぶりに姿を現したんだとか


なんか今までのお寺とか神社は歴史を感じる古い建物だったけど、ここはスケールが違う
お金的な意味で
ふぅー満足
と思ってたらまだあった
薬師堂

入ってみるとここに感動した。
神主さんが解説してくれるのだけれども、中には干支一つ一つにちなんだ像がある。
干支一つ一つに神様がいたのか、、知らなんだ
そして天井には、、、16メートルの竜の絵が
この竜の絵、ただの絵ではなかった。
鳴き竜という。
なぜ鳴き竜というのかと言うと、竜の顔の下で木を叩くと竜の鳴き声に聞こえるんだとか
聞こえたら願いが叶うらしい
ほんとか?と思ってたらデモンストレーション開始
まずは離れたところで木を叩くと
普通にパンパン鳴ってる
鳴き竜の顔の下
パンと鳴らす
すると
高い音が反響してる!!!
なんじゃこりゃぁああああすげぇえええええ
1メートル移動してならすとエコーはならない
顔に戻って鳴らすとエコーが!
美しい音色である
どうなってんの、、、
どんな構造してんだこれ
偶然できたものなのか、設計してるのかは解説になかった
こんなのが東照宮にあるなんて、知らなかった
東照宮に来た人は是非、薬師堂へ
おすすめ
いや~来てよかった
1800円の価値ぜんぜんあるわ!
ていうかなんか最近ケチくさくなってきた気がする!
まぁいいや、お金は大事
因みに鈴がお土産で売ってる
400年記念の金色の鈴も新発売
穴の空いてない鈴でこちらも音色は美しかった
お値段1000円
お土産にいかが??
出る
日光は三仏堂が平成の大修理中

建屋に絵が描かれてあるけど、こんなでかいの???
修理風景が見られるらしいので入る
三仏堂
でっかい仏像が三体と風神雷神が安置されている。
撮影禁止
風神雷神は両方とも見れた。よくこんな細かく作れるよなぁ毎回仏像みて思うけど 
三仏像は二体みれた
仏像に詳しくないからよくわからないけどまぁまぁおっきかった
修理風景は7階に上るとみれる
もちろん階段である
上る
と、でた。
まず屋根の修理風景
修理自体はやっていなかったけど、屋根板に願いを書くと、数百年その板が三仏堂の屋根に組み込まれるんだとか。
組み込んでる作業が映像で案内されてる。
1枚500円箱に賽銭する
、、、、、500円玉ねぇ、、、
係りの人もいねぇ、、、
屋根板買えねぇ、、、、
発券所でなくした500円玉をこのとき悔やんだ。
諦めて次へ
次へ進んでる最中におもった。
1000円で2枚買えばよかった
進むと修理風景が見えてきた。
なんか柱削ってる
のこぎりで
一瞬で木を切ってる
さすが宮大工だ
全部のこぎりかと思ったら電鋸も置いてた。
まぁでも手作業といえば手作業か。
しかし当時からの技術を継承してるんだろうなぁ
一子相伝てやつですな!!!
頭が上がらない無職であった。
日光東照宮、かなり良かった!
さすが世界遺産の名に恥じない
来て良かった!
14時くらい
サークルKでアメリカンドッグ食って次へ
名道の日塩もみじラインを走る
道中雨がぽつぽつ降り始める。
雨対策を行おうとして気付いた
雨対策グッズが、ない!!!
そういえば今朝、出発準備が楽でなんか身軽だなと思ったんだけど、これがなくなってたのか!!
いつからだ??思い出す
一昨日のの道の駅かつらに着いた時はあった
今思えばそこでの出発準備もなんか楽だったのを覚えている
忘れてきたか、、、
本当に忘れっぽいなおれは
因みにバイクのグローブも岩手の藤七温泉あたりでなくしている。
代わりのものを仙台で買った。
なんでこう繰り返すのか、
忘れっぽいから忘れてまたやってしまうのだろうが。
コメリが近くにあったのでよる
撥水のズボンと大っき目のゴミ袋を買う。
子供用チャリの防水カバーがいいんだけど、なかったからしばらくこれでしのごう
安いし
また余計な出費が、、、
パンクとか携帯とか、携帯変わったのでそのケース、防水対策とかでお金がよく飛んでいく
痛い
これからタイヤも替えないといけないことを考えるとちょっとやばいな
しっかりせねば。
精進しよう。ここは日光
これは神様仏様からのお告げなのだ
頑張って完走するぜ!
進む
と、有料道路が出てきた。
もみじラインかと思って入ったら、違った。
バカである。
250円
しかもこの有料道路、入ったらすぐトンネルがあり、トンネル抜けたら終わった(笑)
なんだこれ、1キロもないやん、、、トンネル代ってことかいな。
この辺りで雨はやんだ。
さらに進む。
と、またしても有料道路が
発券所のおっちゃんに聞いてみると、この先の信号を右折したらもみじラインなんだとか
おけ!払って入る
もみじラインが見えてきた!ゲートをくぐる!!
料金は出口で払ってくださいの文字
え、
有料道路にはいってさらに有料道路になるのかよ!
二重でとるとかどんだけだよ(笑)
まぁいいけどさ、、
進む
まぁ有料道路だけあって、道はそんなに凸凹もしてなくて綺麗だった。
カーブもキツイところもあれば緩やかなところもある。
勾配は普通
なかなか走りやすい道だ
そして木々は紅葉が多い
秋に来たら綺麗なんだろうなぁ
ぐんぐん登っていく。
と、雨が降り出した。
雨対策は取ってなかったからそのまま進む
だんだん雨脚がきつくなる
そして

まじか(笑)
進むにつれて濃くなっていく!
雲に突っ込んだらしい
雨でヘルメットのバイザーは濡れて見にくい
路面は濡れてて怖い
しかも寒い 山の下で15度だったから今多分12度くらいか
プラス霧かよ(笑)
ひぇ~
恐る恐るゆっくり走る
頂上とか景観スポットとかあったけど、早く降りたくて一切止まらず
てか止まっても何も見えない
こけるのだけはもう嫌なので慎重に走りながら下山しました。
疲れた、、、
出口で480円払って次へ
福島に戻る。
その途中に道の駅しもごうで会津地鶏の親子丼とソフトクリームを食べたい
しかし現時刻16時あたり。
お店の時刻を調べるとお店は18時までやってる!
間に合う!てことで走る。
途中の道で、軽の後ろを走ってたら小石というにはデカすぎる石が軽の下からいきなり現れた。
交わそうと右にきると石も右に転げた
ガコンっと踏む
転びかけるもなんとか耐える。
っぶね~、
さっきから殺しにかかってくるな
今までスタートから走ってきてて、なんどか危ない目にあってる。
指示器もつけずに割り込んできた車とバイクにぶつかりそうになったり、爺さんが運転してる車がこっち見ずに飛び出してきて衝突しそうになったり
なんとか回避してるけど、本当に危ない
修行だな
タイヤはパンクしてないっぽい
よかった~~
そのまま走って道の駅しもごうへ到着
レストランへ
すると、、、閉まってる
え、、、
なんか17:00閉店て書いてる
ホームページの営業時間はウソだったのかよ、、、
親子丼が食べたい
会津地鶏を食べたい
会津若松にてお店を発見
走る
到着
親子丼!!

ありつけた
なかなかうまかったけど、半熟卵はもう少し半熟にしておいて欲しかった
会津地鶏はまぁ美味しかったけどスーパーの鶏肉と違いがよくわからなかった
まぉ美味しかったです
その後はツイッターでフォローしてる日本一周中のりょすけさんが会津の道の駅にいるとのことなのでビール買って突撃!
この旅に出て初めて日本一周中の方に会った!
道の駅会津にて2時間ほど旅の話、住所の話、アニメの話をしてました。
りょすけさんはまだ学生
休学して日本一周に出たんだとか
すげぇな、休学してまで日本一周、俺だったらやっただろうか。
10月くらいまで働きながら回るらしい
働きながらかぁ
それもいいなぁ
他愛のない話をして楽しみました。
アニメの話で一番盛り上がったのは言うまでもない
その後はテント張って現在に至る
もう1時だよ、、
明日はりょすけさんと会津を回ってから西磐梯スカイバレーを通って山形に抜けるけど、山形の天気が怪しいからどうするかな、
明日考える
続く
にほんブログ村

 | ホーム |