フリーエリア


プロフィール

takap

Author:takap
ninja400で日本一周する27歳ニートのブログ

twitter:@takap0429





にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


フリーエリア


ranku


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村

5/17福島

いわき市の満喫にて11時までねばる。
ヤッパリ雨。
しかもまぁまぁ降ってる
んーーー、どうするかなぁ、
少し悩んだけど、早く岩手に行きたいので進んでみることに。
雨の対策は昨晩しておいたので、カッパだけ着て国道6号を雨の中進む。
寒い。流石東北。風がウェアの隙間に入ってくる。
昨日あたりから寒くて喉がおかしかったのでこのままだと体調崩しそう。
しかし進む。
1時間半ほどで50キロほど進む。
道中、この先二輪歩行者進入禁止、帰還困難区域と書かれた看板を多く目にする。
警察もいっぱいいる。
、、、3.11の原発の影響だ。
しかし進む。
迂回路が進入禁止のエリアの手前にあるだろう。
途中コンビニで休憩しつつ進む。
寒い!!
体調が心配なので少ししたら駅があってその前に温泉があるのでそこに入って温まってもうその辺で今日は泊まろうと思う。
と、警察に止められた。一本道で。
警察のおっちゃん[こっから進入禁止やから引き返して]
俺[このすぐ先の道を左折して駅の方に抜けたいのですが]
警察[それが駅ももうダメになってるから入れないんだよ]
俺[!?!?!?]
マジか、、駅までアウトになってんのか!?
警察[福島抜けるならいわき市まで戻って49号を抜けていって!]
!?!?!?!?!?!?!?!?
い!?わ!?き!?ま!?で!?戻らないとダメ!?だ、、、と、、、、?????
この雨の中を、、、この寒い中を、、、体調も悪くなってきたのに!?!?
仕方ないので戻ることにする。
15分後、、、
俺、、、
挫!!!!!折!!!!!!!
今まで来た道をまた1時間半かけて寒い雨の中戻らないと行けないのかという精神的なショックと体調悪化で挫折(笑)
14時くらいに閉店しているでっかいヨークベニマルに侵入。
雨の当たらないところにテントを張って中で寝袋にくるまって昼寝。
起きたら、、、発熱
しかも結構高い熱、、、
脇がなんか異常に熱い(笑)
そして寒い。
脇が熱いのをいい事に脇に手を挟んで寝袋にくるまって暖をとる。
足が寒い、、、
とにかく寝まくって何とか体調を戻そうとする。
夜7時半、少し楽になってきたので晩飯調達に行く。
あたりの店は閉店してしまっているが、コンビニはやってたのでそこへ。
フラフラするけどバイクに乗っていく。
到着。
ここのセブイレ、20時までらしい!!
ギリギリ!!!
そらもう工事の人と警察しかいないもんなぁ
やってても儲からないだろうし。
とりあえず晩飯にカップラーメンと肉じゃがを買ってテントに戻る。
温めて食う。
テントの中で湯を沸かすと蒸気が暖かい。
最高。
飯食って再び就寝。
散々な日たった、、、
やっぱ雨の日に移動はやめとこう。
前もそうだったが、全くいい事がない。
ダメージを受けるだけである。
もう、雨の日に移動はしないと心に誓う日であった。
思わぬ形で3.11を体験する事になりました。
スポンサーサイト

にほんブログ村

5/18福島 宮城 岩手

午前7時半くらい起床。
熱はひいた!!!!
あんだけ熱かったのにやるな俺の体。
頭はぼーっとするがバイクで走れないほどではないので出発する事にする。
昨日の残りの肉じゃがと、濡れ煎餅を食う。
警察いっぱい通ってたから退散しろと言われないか心配してたけど、何ともなかった。
日本は野宿者に優しいのかもしれない。

出発。
昨晩コンビニ行くときもそうだけど、バスが良く通る。
作業員を載せているのだろうか。
今日はいわき市の近くまで戻り、そこから41号にのって郡山まではいかずに田村市の方を通って一気に北上する。
ひた走る。
途中の道が綺麗なので写真を撮る




午後19時くらい、岩手県奥州市の道の駅みずさわに到着。
途中で寄ったスーパーが安かった、、、

今日は走って終了。
茨城からここまでの東北の道はかなり走りやすかった。
特に茨城。
平坦で大きな起伏とかがなくて、平野に道がまっすぐ。
Ninjaのご機嫌がかなり良くて、リッター33キロほとだった。
普段は28ちょい。
東北のこの辺りは平野が多いのだろうか。
しかし平野の割にはそんなに多く人が住んでる感じがしなくて、西日本との違いを感じた。
西日本だとごちゃごちゃしてるとこが多い。
走り易い。ninjaの本領発揮ですな!!
気持ちよかった。
そして、やっっっと岩手!!!!!
ここまでの道のりがなかなか険しかった!!!
岩手県に行くのってなかなかの苦行なのだな、、、
明日はいよいよ八幡平アスピーテライン
雪の回廊は残っているか!?!?!?
続く。
にほんブログ村

5/19 岩手 秋田 青森

朝5:30頃、道の駅みずさわでのおじいさん達の会話で目覚める。
、、、二度寝。
7:30起床

片付けしてたら気付いた。
テントの横ににゃんたろうのいえ

昨晩は暗くて気づかなかった、、、ごめんにゃんたろう
しかし二階建てか、贅沢な奴め
耳がピクピクしてたので起こしたのかも
起こしたついでに頭撫でさせてもらう。
そういえば鹿島神宮にも猫がいたな

ねこlove
片付けして、疲れてるのかあまり動く気にならなったので9時までツムツムしてた。
ストレッチしたらスッキリしたので出発。
1時間半ほど走って、八幡平の上坊牧場に到着
アスピーテラインはここを通り抜けると入り口がある。
牧場には、、、馬がいた


エサ100円
あげるとボリボリ食ってくれる。
馬って間近で見るとデカイよね
耳とか触る。
エサがなくなるとどっかいった。
出発
牛もいた

牧場を抜けるとアスピーテライン!!!
いよいよだ
この為に頑張って飛ばしてきたんだ!!!
雪の回廊やいかに!!!出発前に電話した時は4メートルって言ってたな。
因みに山に雪は残ってる

アスピーテラインは急な勾配があるわけではなく、キツイカーブがあるわけでもない。

ゴツゴツした岩もあって景色を楽しみながら走れる。楽しい
と、
カーブを抜けて坂を上がると、、、出てきた!!!!!!
雪の壁!!!!!
さっそく降りて撮影。
因みに平日なので車が前に一台走ってるくらい
余裕で止まって撮れる。
でん!!

うぉぉおおおおお、、、すげえ(笑)
観れた!!!雪の回廊!!!!
雪の壁の横を走る!!!
これで自分の背丈より少し高いくらいなので2メートルほど
10日で半分くらいになるのか
暖かいもんなぁ
しかし2メートルでも近くで見ると迫力がある
最盛期は8メートルとかで、しかも真っ白の雪なんでしょ??
どんだけすごいんだろう(笑)
2メートルでも感動したけど、これはシーズン真っ只中にまた来たい。
見れて良かった!雪の回廊!!
その後は雪の中を走る。まだ結構残ってる。



雪解け水が雪の中中に溜まってる!
雪景色が好きなので、その中を走れて嬉しかった!!!
や~、急いで良かった
頂上でカレーを食って、下山

アスピーテラインを抜けると
秋田に入る。
秋田in
バイクを停めて次の目的地を探す。
アスピーテラインより先は何にも決めてなかったのだ!!
ツイッターを見ると、ほかの日本一周の方が十和田湖の混浴温泉のことをツイートしてた
こ!ん!よ!く!?
行くことにする。
60キロほど走ると到着!十和田湖
何にも知らずに来たけど、ここがまた良かった!


水が透明で綺麗。
湖に島があって松が生えてる。
美しい
森があって自然が豊かで時間がゆっくり流れてる。
かなりくつろげた。
天照の大神の穴もある

でもこれ高千穂じゃなかったけ??全国にあるのかな
夕焼け

りんごソフト
あっさりしててめっちゃうまい

十和田湖のガソスタに入ったら、ルパンの服装でルパンの人形をハットにつけてかぶってるじいちゃんが車からワルサーを出してバンバンしてきた

その後、温泉に行こうとしたら奥入瀬渓流という道を発見
ここがまたすんごい綺麗な自然の渓流だった


緑が深く生い茂って人の手付かずの自然て感じ
水が本当に透明でマイナスイオン出まくり。
こんな美しい自然の渓流に沿ってバイクで走れるなんて、、、
この道を車で走ってる人らが可哀想に見えてくる
空気が綺麗で鳥の声とか川のせせらぎとか本当に綺麗だった




自然を満喫できた
仙人が山にこもりたがる気持ちがわかるぜ
屋久島はこれよりも自然が豊かなのだろうか、、、楽しみだ
この奥入瀬渓流は青森らしい
いつの間にか青森に突入。
奥入瀬渓流を出るとすぐに道の駅奥入瀬がある
道の駅奥入瀬にて、八幡平と夕陽

道の駅はキャンピングカーや、普通の常用者が何台も止まってて、駐車場でバーナーで火炊いて飯食ってる人もいる。
かなり広いから泊まるにはバッチリな所
時刻も18:30だったのでここで野宿することに
広いので案内板を見てたら右下の隅にこんなものが

ライダーハウス ラルクだと!?!?!?!?!?
なんだこれは、超泊まりたい(笑)
私はラルクアンシエルが大好きなのです。
しかし所在地は和歌山、、、何故ここにステッカーがあるので???(笑)
和歌山はhydeの出身地
泊まりたい、、、しかしまた和歌山寄るのはなぁ
考えておこう。
鳥が留まった

道の駅にレストランがあり、覗いてみると

今日じゃん(笑)
んでもそんなに腹が減ってない、、、
どうやら奥入瀬ビールとやらが金賞をとっていて、それが飲めるらしい。
お持ち帰りもできる
一本赤ビールを購入
隣のコンビニでUFOとつまみを買って、飲む


まろやかで飲みやすい印象
うん、うまい。
まぁしかし、ビールはビールだな(笑)
違いのわからん奴です。
その後は飯食ってテントin
明日からどうするか、んーむ、
寝る前に調べよう。
続け。
にほんブログ村

5/20青森 岩手 追記

7:30起床
昨日野宿してたおっちゃんの車がなくなってる
いつ出たのかな
俺もそろそろ6:30くらいには起きておきたいの
出発
青森の奥入瀬から八戸方面へ
八戸から少し南の久慈に、じぇじぇじぇのらあまちゃんの舞台になった町と小袖海女センターがあるので行ってみることに。
お昼前くらいに到着!

じぇ!
かなりこじんまりとしたとこで、ちょっと想像と違う。
小袖海女センターに入ると、どこから来たのプレートが!

海外からもきてはる!
あまちゃんは海外でも放送したらしい。
小袖海女センターは、海女さんの歴史などが展示されていたり、お土産や軽食が取れる。
サインがいっぱい

思いでノートがあったので書いておいた。

この適当感、字間違えてるし。
色を分けただけでも進歩だな!!
まめぶ汁なるものを食べました。

中に入ってるお団子が、クルミが入ってて甘くて美味しい。
懐かしい給食のような味でした。
たくましい!!萌え!!

海女センターの後は漁港をフラフラ


真ん中の箱の黒いやつ
ナメコなのかウミウシぽいよくわからん変なやつがくっついてる
へんなのー
漁港を見たら出発
次はどうしようかとおもってたら、地図に内間木洞ていうのを見つけた。
行った。
1時間ほどかな
道中の道の渓流がまた美しかった。花も綺麗。
到着。

ふむふむ、日本で5番目に長いのか

物々しい雰囲気を醸し出しているが、入れるのかこれは
近くでおっちゃんが長靴を洗ってたので聞いてみる。
入れないそうだ。
中には扉があり、閉まっているのだそう。
入ってみる。

祠があった。
その横に扉があってしまってた。
んんー、残念。
その後はおっちゃんと少し話をする。
午前中に中学生がきて、解放して一部のとこまで入れてあげたんだそうな。
午前中に来てたら一緒に入れたかもだって。
残念。普段は学者的な人じゃないと入れないんだと。
去ることにする。
おっちゃん、ありがとう。あばよ!
仕方ないので龍泉洞に行くことにする。
おっちゃんから道路工事中で15時から15分開通してその後17:00まで通行止めになるとの情報をもらったので急ぐ
工事区間はあぜ道が500メートルほど
下り坂のカーブで転けそうになるのをゆっくりなんとかコントロールして進む。泣きそうだった。
工事区間クリアして龍泉洞に到着!
龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つ
お金を払って入る
この洞窟、ライトアップされてるんだけど、これが良い!!
美しい
冒険心をくすぐられる!
水は世界有数の透明度らしくてすんごい綺麗






何千年何万年とかけて形成されてきた鍾乳洞の迫力はすごい
どういう風に形成されてきたのか、間近で見れるのでよくわかる。
天井から滴り落ちて逆ツララになってたり、
セクシーなお姉さん風になってたり

奥にはワイン貯蔵庫があった
ツアーのおじいちゃんおばあちゃんがいっぱい来たので解説板の前でやり過ごしてたら、逆光だからか自分の姿が間近にならないと見えないらしく、何人かにビビられた(笑)
おれは幽霊か!?こんな洞窟だし、良い雰囲気醸し出してたんだな!うむ。
龍泉洞、かなり良かったです。オススメ
洞窟の前は清流で釣りもできるらしい

やってるのを近くで眺めてたらやらせてもらえることに!
ヤマメが釣れるらしい。その辺泳いでる。
川の上流に餌を垂らして、魚の前に流れていくようにする。流れがゆっくりなところを狙うと良いらしい。
餌はイクラ
良いところに何回か落とせた。おれは筋が良いらしい。
落として、浮きが流れていくのを眺める。
•••••
食いつかないから上流にまた浮きを落とす。
これを何回も繰り返す。
何も考えずにぼーっと
これ、楽しい(笑)
時間がゆっくり流れていく。
まったりとできる。
あ~、このままずっとこうしていたい。
釣れないけど、垂らすことが楽しい。
ポケーッとしてる自分にはかなり合ってるなこれ!
15分くらいやらせてもらって、返却しました。
おっちゃん、どうやら釣り道具レンタルの人らしい。
明日のために餌付けしてたのだとか。
レンタルしなくてごめんなさい
やらせて頂いてありがとうございます!
龍泉洞から湧き出てくる水は本当に綺麗でした。
良い時間を過ごした。
その後は宮古市へ。
山と海に囲まれてる、なかなかの僻地。
集落みたいな感じでなんかこの町だけで経済が回ってる感じがする。
港にでたので撮影

スーパーへ買い物に。
セルフレジ

最近TSUTAYAとかもセルフレジだよね
スーパーでおばちゃんに声をかけられる。
なんでも昔電報の仕事をしてたらしく、また友達も岡山に嫁に行き、県外のいろんな人と話すのが好きなのだそうな。
旅の話を少しする。
徳島から来たといったら、今後阿波踊りのニュースとかで徳島が出てきたら、あなたのことを思い出させてもらうだって。
ありがたい!!!
愛知のうどん屋さんも県外を出たことがなくて、旅してる人の話が聞けてうれしいとか言ってた。他にも道中で出会ったおっちゃんとかも嬉しそうに昔の話とか聞かせてくれる。
仕事もせずフラフラ旅してるだけなのに、少しでも人に何かを残せているのだと少し実感。
初めて良かったなってやり甲斐を感じる。
ブログを見てもらってる人のコメントを見ると少しでも何かしらの為になってるのかなとか思ってまする!
ありがとうございます!
その後は、無人駅に泊まってみたいなと思い、田舎だし一つ隣の駅なら無人だろと走り出すも、急な坂道、竹やぶ、墓地という道に差し掛かり、怖くなって引き返した(笑)
道の駅みやこに行きました。
24時間開放の休憩室があり、電源有り!最高!
たまに人くるけど最早気にならない

人感センサーのライトと空調機なので寝る時は動かなければ暗くなるという
ツイッターでフォローしてくれてる人が昔ここに泊まって懐かしいってコメくれた。
偶然!!!
その後は飯食って寝ました。
道の駅最高
続く
にほんブログ村

5/21 岩手 写真追加

またも写真アップできなくなったので途中から後日
道の駅を7:30位に起床
おっちゃんがタバコ吸ってた。
耳掃除しておにぎり食べて出発!
まず最初の目的地は
浄土ヶ浜
すぐ近くなので15分くらいで到着。


国指定の名勝で三陸海岸を代表する海岸である。
ウミネコの群生地でもあり、その辺にいっぱいいる。
ここもまた海水が透明で、海岸も白くて綺麗だった。
なぜ浄土ヶ浜という名前かというと、
さながら極楽浄土のようだ
らしいからである。
三陸海岸のリアス式海岸の内、ここは真っ白で、
、、、真っ白だ
種差海岸をスルーしてしまっけど、ここで十分楽しめた。
ウミネコ

ボートを漕いでるおっちゃんの頭にウミネコが停まってて和んだ。
因みにここには青の洞窟がある。
晴れでも曇りでも見える時と見えない時があると。あと波が高いと入れないとおっちゃんがいってた。
曇りだし、多分見えないだろうと思ったのでツアーはやめた。
おばちゃんがバケツいっぱいに貝を捕まえてたので見させてもらった。
触覚があってカタツムリみたいに動いてる。
貝ってこんな動き方をするのか!!
なかなか楽しめた。
次!
次は名道50選の一つ、八戸川内大規模林道へ。
ちょっとわかりにくいところにある。
1時間ほど走って到着!
いざ、参る!!!
この林道はあまり知られていないマイナーな道らしい。
道路は整備されてて走りやすい。
キツイカーブもなくて、勾配も丁度いいのでかなり走りやすい。
岩手の初夏の自然を満喫しながら走れる。
かなり気持ちのいい道だ!!
対向車もいないのでカーブの練習にはもってこいの道だ!!
道はあんまり長くなくて、10分ほどで頂上付近に到達

たんぽぽが咲いてて綺麗な丘についた。

天気も雲が晴れてきて気持ちがいい。
たんぽぽの写真を撮ってた。
あんまり知られていないので人は少ない。平日だからかもしれないけど。
でもいっぱい人が来たらことたんぽぽが荒らされてしまうからこの道はこれで良いと思う。
少し寝転んだりしてました。

走ってきた道

丘の上に広いメインの道と、これまた細い道が一本あるのでバイクで行ってみる。
と、牧場についた。

残念ながら立ち入り禁止。
しかし広いなこの牧場
開けてて眺めも良い。
写真の反対側に森がある。

このままズシズシと奥まで探検したい衝動にかられるが、帰ってこれる自信がないのでやめる。
朽ちて倒れている木の柵が伸びている。
昔はここも牧場の一部だったのだろうか。
ここで行き止まりなので戻る。
今まで走ってきた道を一望できたのでパシャリ。

かなり楽しめた!オススメこの道!!
下山中、左右に分かれる道を左に進んだ。
盛岡はそっちな気がしたからだ。
すると、渓流に沿った道になり、ところどころに小さな集落とか古い家がある田舎道にはいった。
花が綺麗である。

途中たぬきの死体に遭遇。
生きてるのは二回見かけた!
岩手はたぬきが多いのか??
いくつも古い家屋を過ぎていく。

ふと思う。
誰も住んでないんじゃね??
入っていけるんじゃね????

入ってみた。

ばあちゃんの家を思い出す。
まだ古い家に住んでるからなぁばあちゃん
古い家は夏は涼しくて冬は暖かいんだよなぁ
不思議とそんなに恐怖感はなかった。
畑が耕されていて、足跡もあった。
人は出入りしてるぽいので、誰か来ないかそっちの方が怖かった(笑)
その後はまた細い道を30分ほど走り、大通りにでた!
道の駅でダールラーメんなるものを食う。

このあとどうしようか迷ったけど、風呂に2日入れていないし露天風呂に入りたいので、もう一度八幡平に戻って露天風呂に入ることにする。
八幡平近くを走ってて発見した。
こっそり堂(笑)


ついに見つけてしまった(笑)
全国の至る所にあるらしい男の園
中は自動販売機になっていて入ったら明かりがついた。
散策してたらおっさんが入ってきたので出た。
八幡平の近くで温泉の位置を確認してたら、地図上にきになるものを発見。
溶岩流
なんだこの面白そうなモノは
行くしかあるまい。
近くなので行ってみる。
岩手山の裾野を走っていくとすぐ到着!
でん!

なんだこの溶岩地帯は
溶岩の地平線になってるじゃあないか!!!
こんなとこが岩手にあったのか!!!
観光サイトにも載ってなかった!
これは観光スポットとして売るべき!!勿体無い!!!
ゴツゴツとした溶岩が辺り一面に散らばってる。
山の方を見ると斜面に沿って黒くなってるから、どのように溶岩が流れたかがわかる。

溶岩だから石より軽くてなんか炭みたいな感じ。地面に落とすと音が軽い。
いや、来て良かった!ここはかなりオススメ!!

岩手山の溶岩流!
溶岩流を出てすぐ、八幡平樹海ラインに入る。
と、ふと右側を見るとものすごい雨雲が、、、

雨雲レーダーに雨雲は載っていない。
夕立か、あの雲こっちくんのかな、、、
ていうか既に雨のカーテンが見える。

走りながら様子を見てると、だんだん迫ってくる。
雲から逃げるように走るも、追いつかれてポツポツ降ってきた!
急ぎ雨対策を施しカッパを履く。
ドサーー
大粒の雨が降ってきた。
うひぇーーー
まだ上空は晴れて明るいのに大粒の雨。
しかも正面から日光がさしてて、なんか不思議な光景(笑)
晴れてて雨で雨粒が光っててむしろ綺麗である。
なかなか拝めそうにない雨の中を露天風呂まで直走る。
少ししたらやんだ。
露天風呂到着。

藤七温泉。
ここは天然の温泉をそのままかけ流ししてるところで、混浴。
女性専用が一個ある。
内湯は一つづつ。


早速入る。
3日ぶりの風呂だ!
まず内湯で体を洗う。
と、なにこれ
蛇口をまわしても水しか出ない(笑)
こりゃ洗えないので諦めて湯船のお湯で体を流して入る。
お湯は白濁色で湯温は若干ぬるい。
この温泉は湧き出たまんまのお湯を使ってるから日によって湯温が違うらしい。
内湯に少しつかってから早速露天風呂へ
素っ裸のまま外へ出る。
雪の積もった山の景色がお出迎え
なんだこの開放感は!!!!!!













気持ちいい(笑)
山の空気を肌に感じながら闊歩する!!!
露出狂になれそうだ
お湯に入る。
この露天風呂、内湯よりもさらに自然のままである。
地面に若干木を敷いているものの、あとは石とか粘土。
天然だ(笑)
お風呂は五つある
一つは熱くて入れない。
もう一つは若干ぬるい
もう一つはちょうど良かった。
底を握ると硫黄で白くなった粘土ぽいものがつまめる。
石を拾うと硫黄で黄色くなってる。
すげぇぇえ
すげぇけど、頭も顔もあらえねぇえ(笑)
階段を上がって一番上の風呂に行く。
山の中を全裸で歩く。
合法露出
気持ちよくないわけがない。
お風呂はあったかい。
雪を見ながら山の中で癖になりそうな開放感のある露天風呂
良い。
小一時間ほど浅い風呂でプカプカ浮いたりしながら寝転がって楽しみました。
途中おばちゃんが何人か通って行ったけど、そんなもんは知らん。
おれはフルオープンだ!
内湯に戻って少しつかってから出ました。
おっさんが一人、露天風呂に女の人を確認すると出て行きました。
脱衣所でおっさんの様子を眺めてたけど、遠目になんとか見ようとしてて面白かった
うむむ、、、反面教師だな!!!
煩悩に勝てるかな俺は
温泉に浸かって温まったけど、汚れは落ちた気はしないけどまぁいい。
水でビール冷やしてた。
絶対うまいだろこれ。

ちなみに水はうまかった冷たくて。
温泉卵

食って下山。
バイクで荷物を積んでるとヤマハのR3に乗ったおっちゃんに話しかけられた。
今年定年退職するらしい。昔いろんなところをバイクで走ったんだそうな。
徳島も三回はいって、明石海峡大橋が出来て、明石海峡大橋は渡ったけど鳴門大橋が通行止めで、その後も明石海峡大橋も通行止めになりかけて、淡路に閉じ込められそうになったとか。
またバイクで旅をするらしい。
奥さんどうするんだろう。
下山する際は暗くなるし早めに降りるんだぞ!気をつけて!と言われました。
声をかけてくれる方はみんな気を付けてと最後にいう。
改めてバイクは危ないんだなと思う。
そういや十和田湖にいった日、バイク乗りがドクターヘリで運ばれたんだそうな
気をつけよう。うむ。
その後は下山。
帰りにもっかい溶岩による。
溶岩と月

月と岩出山

コンビニでUFO買って、道の駅を目指したけどめんどくさくなって引き返して図書館の駐車場で野宿。
寒暖の差が激しい。
しかし宮古市は寒かったけど山を越えて内陸に来たら熱くなった。
宮古市って寒いんだな。
続く。
にほんブログ村

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。